エアロゲルとは?

1931年から知られているエアロゲルという素材を、これまでは大規模かつ工業的にテキスタイル素材に結合させることはできませんでした。エアロゲルは世界で最も軽い固体であり、ほこりの最も細かい液体粒子のように見えます。サンプルを手に取ってみると、その軽さからあっという間に空間に広がっていきます。エアロゲルを手に入れ、それをテキスタイルに結合させることは、Outlastの開発チームにとって大きな挑戦でした。 

しかし、Outlastの開発者たちはエアロゲルに何を期待していたのでしょうか?

しかし、Outlastの開発者たちはエアロゲルに何を期待していたのでしょうか?

エアロゲルは非常に大きな表面積を持っています。10グラムで、サッカー場1面分の表面積があります。これは、エアロゲルが非常に頑丈で多孔質の構造をしているためです。これらの微細孔には多くの空気が閉じ込められているため、空気含有率は98 %と非常に高い数値になっています。 
ダウンの充填、 詰め物、綿またはフォームなど、一般的な断熱材では、閉じ込められた空気の量が断熱効果を左右します。閉じ込められた空気の量が非常に多いため、エアロゲルは断熱材に最適なのです。

ソリューション

ソリューション

Outlastチームは、エアロゲルをさまざまなテキスタイル基材に適用する革新的なプロセスを開発し、特許を申請しました。AERSULATE®素材は素晴らしい特性を持っています。小さなスペースで非常に優れた断熱性を持ち、圧力および湿度下での機能性が求められるすべての用途に最適なソリューションです。特徴:AERSULATE®素材は非常に簡単に、手間もかからず加工できます。